Recipes of goodmusic Session & Discussion




最初のきっかけは必要があり数々の「ジャムセッション」を見学体験していた時に感じた「猛烈な違和感」である。


その全てに共通しているのは『聴いていて全く胸に響かない・感銘を受けない・何かしらの感動感激が一切ない』である。音楽は単純明快で個人個人が己の主観・感覚のみで『好きか嫌いか』だけである。極めてシンプルで残酷な芸術である。


そんな中で個人個人の主観を越えた「あ!いい感じだな」と感じる方が存在する。その「他人の心に響く演奏の秘密はなんなのか?」を改めてシミジミ考えたのと「何故演奏技術以外のもっとも大切な”音楽力”を養成出来る場がないのが?演者・聴衆の赤裸々本音むき出しトーク・超濃厚コミュニケーションの場がないのだろう?」が大きなキッカケだった。




自分は30年程のキャリアを持つ職業音楽家である。当たり前だが常にクライアントの要求に応える仕事を提供して来た。そうしなければオファーなど無くなるからである。他、己のライフワークを誠心誠意取り組んで来た過程でツクヅク感じる事は


「例えば世界一高名なミュージシャンを大金を出し起用すれば必ず良い音楽が創れるなどと言う事は有り得ない事だ」がある。リズムも音程も完璧で何一つケチのつけられない”上手な演奏・歌唱”をしても聴衆が感動する保証など宇宙分の1もないのである(超絶断言)


そうなのだ。音楽はそんな簡単な物では全くないのである(これは本当につくづく骨身に沁みて痛感する。人間の短い一生などでは到底学び切れない奥深さがある事をしっかり自覚して欲しい)


話を一旦最初に戻すが普通「音楽教室・レッスン」の殆どは何かしらの器楽の習得の為にある。従って当然、初心者~上級者と演奏スキルによってレッスン内容は変わって来る。


しかしこの『他人の心に届く音楽の奏で方』に関しての数々の秘密は音楽人生のキャリアや個別の差がほぼ全くないのである。つまり昨日音楽を始めた人向けとかA子さんにしか当てはまらない事項とかが基本『無い』のである。これはある意味物凄い事である。


今まで永年音楽をやってきてそう言った「他者へのアピール・スキル」「楽器そのものの上達スキル」実に様々な『音楽力習得の為の知識・技術』を学んできた。そこに一つの大きな流れ・特徴があった。それは


 片桐は音楽を学ぶにあたり


①『点』(気付き・きっかけ・芽生え・疑問の出発)


『点』とは「何かへの気付き」であり、”きっかけ、出発点の事”です「あ!こう言う事が大切なのかな?」と思えたら立派な大きなになる訳です。


先ずはこの『点』を沢山仕入れます(他者の話から、Webや書籍から、レコードから、ライヴからetc…)これをひたすら続けていくとある日


②『線(スキル)』


幾つかの点と点が線で結ばれ『パッ!』とその全容、本質、コツ、重要ポイントの意味がまさにピンボケからクリアに実を結びます。これが一つのスキルとなり生涯の音楽知識の血肉になります。


ご理解頂けましたか?結局他人にいくら習っても(点やスキルの提供を受けても)自分で学ぶ(悩んで苦しんで自力で線にする行為)しかないのです。


この『点』と『線』が全く異なる経験、立ち位置のミュージシャンでもこの会においては全く共通に学べるのです。この「Recipes for Good Music session&discussion」が正にその『仕入れ・気づきの時』になる事でしょう。


もう一度言います。いいですか?


『最終的にスキルを発見し納得・習得するのは未来の貴方です。貴方の力でそれを成し遂げて下さい』その為のヒントの収穫場・宝庫がこの会になります。


結局、本来・本質的に『己の音楽を相手の心に響かせたい』演者と『心に響く音楽で感動したい』聴衆、この需要・供給関係が見事に一致している両者が赤裸々にザックバランにデスカッションする場が少な過ぎる(無いに等しい)事がおかしいのです。求める方が何をどんな事を求めているかを知らずに一体どうしたらその要求に応えられるのでしょう?ましては己に足りないとあるリスナーに感じられた事をその場で教えて貰えるのです。この指摘に含まれる価値・情報の凄さは誰もが認めるのではないでしょうか?

そうなんです『他者からの厳しい身も蓋もない感じたそのままの評価(駄目出し)以上の教訓・真実・金言は存在しないのです。


但しこの場は「己の主観を唯ガムシャラに主張する場では全くありません」あくまで個人個人が素直に心底感じる『ここをこうしたらもっと良くなるのでわ?』と言うその場で奏でられ音楽を常に主役に置きポジティヴに意見・協議し合う会なのです。


音楽の演者は『全く好き勝手にどんな表現をしてもOKと言う”自由”があります』

音楽の聴衆は『 全く好き勝手にどんな評価をしてもOKと言う”自由”があります』

演者は聴衆からどんな評価・意見を言われようと作品・演奏を発表した瞬間から

『それを謙虚にしっかりと受け止めなければならない”責任”が存在するのです』

これを肝に銘じて下さい。


この企画の提唱者として断言致しますがこの会は『各個人個人は勿論の事、この国の音楽力をその根底から押し上げる可能性とパワーを秘めている』事は間違いありません。参加者の全員で創り育てる会そのものでもあります。


音楽を愛する演者・聴衆全ての皆様!是非一度実体験をして下さい!